Atmoph Window 2 | Star Wars、製品の疑似体験ができるVRページをローンチ。スター・ウォーズモデル限定で搭載される窓枠デコレーションのミレニアム・ファルコンデザインも解禁。

Atmoph Window 2 | Star Wars、製品の疑似体験ができるVRページをローンチ。スター・ウォーズモデル限定で搭載される窓枠デコレーションのミレニアム・ファルコンデザインも解禁。
目次

Atmoph

 
 
 
窓型のスマートディスプレイ「Atmoph Window 2」を開発するアトモフ株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:姜 京日[かん きょうひ] 以下、Atmoph)は、ウォルト ・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下、ディズニー)とルーカスフィルム監修のもと製作中の新モデル「Atmoph Window 2 | Star Wars」について、製品を疑似体験できるVRページと限定の窓枠デコレーションデザインを解禁しました。

 

Atmoph Window 2 | Star Warsについて

 

壁にかけるだけで世界の風景を楽しめる「Atmoph Window 2」のスター・ウォーズモデル「Atmoph Window 2 | Star Wars」は、スター・ウォーズロゴのあしらわれた限定の本体デザインだけでなく、スター・ウォーズの世界観を緻密にCGで再現した風景を本体に搭載しています。全ての風景映像は、映画のワンシーンの静止画を使って一から再現しています。初回生産1,000台は限定特別パッケージ版で、現在先行予約を受付中。窓を部屋に置くだけで、はるかかなたの銀河系の日常世界を眺めることができます。

 

 

VRを通じて、Atmoph Window 2 | Star Warsをいち早く疑似体験

 

Atmoph Window 2 | Star Warsのある生活を、お手持ちのVRゴーグルを使って、今回特別に製作したVR映像を通して体験することができます。


1977年に米国で初公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の時代背景の少し前、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の時代におけるギャラクシーが部屋の中に溶け込みます。
惑星「ナジェダ」の衛星である「ジェダ」と、離れて向き合う「デス・スター」。迫力のサウンドとライティングの様子もVR内では体験でき、まさに「スター・デストロイヤー」に搭乗して、窓からギャラクシーを眺めている気分に浸れます。


Atmoph Window 2 | Star Wars VR疑似体験リンク:

https://youtu.be/-98E3cIglg4

 

 

スター・ウォーズモデル限定の窓枠デコレーション、ミレニアム・ファルコンデザインを解禁


Atmoph Window2 | Star Warsモデルでは、通常の窓枠デコレーションに加えて、「ミレニアム・ファルコン」の操縦席から見えるフロントデコレーションも搭載しており、ハン・ソロになった気分も味わうことができます。
5月4日、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社によって開催されるスター・ウォーズの日オンラインイベントでも、Atmoph Window 2 | Star Warsが登場し、全国のスター・ウォーズファンと一緒にイベントを盛り上げます。

■ 製詳細
製品名:Atmoph Window 2 | Star Wars
価格:52,800円(税込58,080円)
 
お届け日:
初回限定1,000台 2021年5月初旬から随時お届け予定

仕様:
・ 27インチディスプレイ (1920×1080, ノングレア)
・ サイズ: 638 x 372 x 57mm
・ 重量: 4.5kg
・ Wi-Fi: 802.11 ac/b/g/n (5GHz/2.4GHz)
・ Bluetooth: 4.0

販売場所:
・公式サイト https://atmoph.com/ja/products/starwars

■ Atmoph Window 2とは

Atmoph Window 2は、Atmophが独⾃で4K/6K撮影した1,000本以上の⾵景映像とリアルなサウンドで、お部屋に開放感と癒しの時間をもたらします。2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

世界各国で自宅でのテレワークが主流になっている中、旅行に行っている気分で仕事ができると日本や海外のお客様に大変好評を得ています。また、家族で過ごすおうち時間が増えている今、窓の風景を見ながら旅行の計画を立てたり、昔の思い出を語ったりと団らんのきっかけにもなっています。

■ Atmophの今までとこれから
 
「窓の風景を変えることができたら」と、CEOの姜が留学中に自身の小さなアパートから、そう思ったことが全てのきっかけでした。デスクトップやタブレットに風景を映したり、試行錯誤を重ねた上にスマートウインドウという考えにたどり着きました。そして、2015年に初代Atmoph Windowを発表し、最初は3名だった会社も新しい物や旅行好きのメンバーが日本各地や海外から集まり20名ほどのチームにまで成長。
 
旅⾏の醍醐味は、その⼟地や国々の景⾊や⽂化を肌で感じることです。Atmophでは、現地からでしか⾒られないような 、地中海の秘境コルシカ島の幻想的な朝焼けや、現地の⼈々の⽣活や息遣いが感じられる夜のマチュピチュ村など、「そこに⾏きたい」と思わずにはいられない⾵景を撮影し届けることで、私たちが本来持っている、⾃分の知らない未知の世界への憧れや冒険⼼を刺激していきます。