NEWJI株式会社世界初?自給自足のサッカークラブ「F.C.NEWJI」を設立へ

NEWJI株式会社世界初?自給自足のサッカークラブ「F.C.NEWJI」を設立へ
目次

NEWJI INC.

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

 

 

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは NEWJI株式会社の April Dream です。

製造業向けインターネットサービスを展開しているNEWJI株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:生田隆司 以下「当社」)は、本日をもって創業100-99周年となりました。2020年4月1日に創業以来、数多くのお客様に支えられ、非常にオメデタイ日を無事に迎えることができました。

プレスリリース:https://prtimes.jp/a/?f=d57104-20210330-7047.pdf

■    製造業に特化した独自プラットフォームで「製造業の未来」創造(想像)を目指して

NEWJI株式会社の第一期目は、オンラインVR工場視察サービス「NEWJI VR」の開発・顧客対応で充実した日々を過ごすことができました。初年度は12月決算ということもあり、9ヶ月間だけ活動をすることができました。12月決算に設定したのは、今後グローバルにサービスを展開し、世界標準のタイムラインに合わせるためです。

取扱うプロダクトは、VR/AR/AI/5Gなど、最新の技術を取り入れたサービスを開発・展開し、製造業のDXを猛烈に推進しています。ただ、やることや構想していることが最先端すぎて、周囲の皆様のニーズに合致しているか正直不明で、スタッフ一同不安な毎日を過ごしています。(笑)

とは言え、二期目に入った当社は、コストダウンの自動化機能を搭載した、製造業のQCD調達購買管理システムを近々リリースする予定です。
既に多くのユーザー様にご興味を持っていただいているサービスで、早くリリースしたいのは山々ですが、NEWJI VRが忙しすぎて手が回っておりません。

そこで、本日のApril Dreamにて、1,000-997名の強者を下記にて採用表明したいと思います。

職 種:営業職
募 集:1名
給 与:相談あるのみ
勤務地:ほぼオンライン(ほぼzoomかslack)
その他:福利厚生

職 種:マーケティング職
募 集:1名
給 与:相談あるのみ
勤務地:ほぼオンライン(ほぼzoomかslack)
その他:福利厚生

職 種:エンジニア職
募 集:1名
給 与:相談あるのみ
勤務地:ほぼオンライン(ほぼzoomかslack)
その他:福利厚生

上記は、April Dreamではなく、猫の手も借りたい当社の本当の想いです。このApril Dreamの原稿締切まで残り1時間となり、大変申し訳ございませんが、詳細をご希望の方は下記当社SNSよりご連絡を頂戴できれば幸いです。まずは当社WEBサイトもご覧ください。(https://www.newji.inc


さぁ、製造業の未来を一緒に創ってみませんか?

■    実はサッカークラブという本性を持っている会社


製造業の課題をデジタルに最適化する会社である当社ですが、実は化けの皮を剥がすと、世界一のサッカークラブを目指す集団を夢見ています。自給自足でサッカークラブの強化費を生み出し、観戦していて興奮するようなサッカーをずっと観ていたい!という、代表の想いが強すぎるのです。
超一流選手が集まって、超一流監督が指揮し、超一流のスタッフがクラブを支える構図であれば、自然と観客を楽しませる「サッカー」を披露できると断言しています。

最短ルートを考えると、IT企業がサッカークラブを買収することも選択肢の一つです。世界では当たり前のようにIT企業がサッカークラブを買収するようなことが行われており、日本でもいくつか事例があります。
しかし、買収するにもお金が必要です。少なく見積もっても現状の世界一のサッカークラブを見る限り1,000億円は毎年必要になるでしょう。

そんな資金を当社は自分たちのサービスで、自分たちの手で生み出そうとしています。
 



●NEWJI株式会社とは
名称    :NEWJI株式会社(英語表記:NEWJI INC.)
所在地   :東京都新宿区西新宿3-2-9 新宿ワシントンビル本館2F
代表者   :代表取締役CEO 生田 隆司
設立    :2020年4月1日
事業内容:製造業向けインターネットサービスの開発運営
URL       :https://www.newji.inc

 「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢 を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。